チラシ配布や垂れ幕に続くブランディング戦略

広告

手提げ袋で差をつける

紙袋

チラシや垂れ幕と言った宣伝方法もありますが、より顧客に近い目線での広告戦略を考えた時、アメニティグッズ等を利用する事で、宣伝効果を期待することが出来ます。とくに、近年では手提げ袋を利用した宣伝も存在しています。基本的な手提げ袋には、布製の手提げ袋や紙製の手提げ袋が代表的です。布と紙、一見すると布製の手提げ袋の方が圧倒的に丈夫でメリットも多く思えますが、紙ならではのメリットも存在します。企業の宣伝戦略に合わせて手提げ袋を制作すると、効果をより引き上げることが出来ます。布製の手提げ袋には、不織布と呼ばれる布が使われることが多く、紙製よりも丈夫で通気性も良いというメリットを持ちます。しかし、不織布の手提げ袋にデザインをプリントする際には、細かいプリントが難しく、色も限定される事が殆どです。そのため、PRしたい対象がデザイン重視の物でカラフルであった場合には、布製の手提げ袋よりも、紙製の手提げ袋の方に軍配が上がるといえます。目的や対象に沿って手提げ袋を利用する事で、よりイメージを顧客に伝えやすく成ります。

手提げ袋の制作は、専門の業者に依頼する事で出来ますが、デザインを業者に持ち込まなくともインターネット上の通販形式で制作を依頼する事も出来ます。これには大きなメリットが存在し、全国各地の制作業者を利用することが可能という大きなメリットが存在します。制作を行なう場所によっても、素材やプリントの精度、紙質といったものが変わり、これによって使いやすさや親しみやすさといった所に大きな影響が出ます。企業のイメージやPR対象に沿った適切な制作業者を選択する事も、大きな広告成果を上げる為には必要な事になります。